ミッド・センチュリー・インテリアの家でシンプルな生活をしています。

シンプル・リビング - Less is more

ノーベル賞と直木賞を同時に!



読書が好きだと困ることもある。
それは、本が増えてしまうこと。

かつては我が家にも大量の書籍があり、本に囲まれていることに安らぎの気持ちすら持っていた。

しかし、2000年ごろからモノを持っていることが重荷になり、少しずつ処分をするようになった。
もともと好きで買った本なので処分するのは難しかったが、それでも、家の近くにBOOKOFFができたりして、棄てるのではなくリサイクルという形で我が家からは出て行くようになり、現在の所有書籍数はピーク時の1/4にも満たないと思う。

過去に買った本は、全てをなくすことには成功してないものの、新しく紙の本を買うことはなくなった。
では、どうしているのかというと、電子書籍を買うか、あるいは、図書館である。
図書館で借りて読み返却すれば、手元には本の在庫が増えることなく読書ができる。
便利なことだ。
Webで予約もでき、人気の本は何ヶ月も待つことになるが、いつかは順番が回って来る。

今回は、随分前に予約した人気の本たちが連続して到着。

直木賞受賞作品、「月の満ち欠け」(佐藤正午著)、および、ノーベル文学賞受賞作家 カズオ・イシグロ著「日の名残り」。
まったく違うときに予約したがたまたま同時期に順番が到来。


Nobel and Naoki

「月の満ち欠け」は人生の岐路とリインカーネーションをテーマにしたものだが、文体がイマイチ好みに合わなかった。
「火の名残り」は、最近米国人富豪により買い取られた英国のある屋敷で働く執事の回想記で、歴史の流れが淡々と語られていく。Kazuo Ishiguro 氏はその端正な文体で知られる作家であり、原語で読みたかったが、わたしの行く図書館には英語版の彼の作品はおいてなかったので日本語翻訳で読んだ。

奇しくもノーベル賞と直木賞の作品をほぼ同時に読み、なかなか興味深い数日間であった。

そして、読後は、書架の在庫が増えることもないのだから嬉しい。



トラコミュ シンプルライフ
トラコミュ 少ないモノで暮らす
トラコミュ 持たない暮らし



にほんブログ村 インテリアブログ シンプルモダンインテリアへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフ(部屋)へ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ


  1. 2018-03-01 18:00 |
  2. Minimalist
  3. | Trackbacks:0
  4. | Comments:2

大金持ちになってもミニマルな生活続けますか?



いまミニマリスト/ミニマリズム系のブログ界で拡散中のテーマが、
「大金持ちになってもミニマルな生活続けますか?」
というもの。

そもそもは、ノミネートされた人がテーマによるブログを書き、次の人をノミネートするというかたちらしい。
わたしは誰にノミネートされたわけでもないけれど、テーマが面白かったので自主的に参加することに。


=== Q ===

もし石油を掘り当てて、
大金持ちになって、
掃除、料理、洗濯も
全てしてくれる家政婦さんがいたらどんな生活しますか?
ミニマルな生活続けますか?


=== A ===

ミニマリストであり続けます。

わたしのミニマルな生活スタイルの理由は、貧乏で何も買えないからではなくて、出来るだけ少ないモノ(=ミニマル)で暮らすのが美的であり、それが心地よく感じるから。よって、自分の銀行預金の量によってミニマリスト度合いが変わることは無い。


さて、潤沢な資金があるようになったとしたら、どんな生活をするか・・・


私的生活
プライベート・ライフは今と大きく変わることはないでしょう。
家については、今のところが非常に気に入っているので、間違いなくミニマルでシンプルなインテリアのままキープ。
但し、同じビルディングにもう1ユニット買い足し、そこをゲストハウスとしたい。
2ベッドルーム+リビングという風にリフォームし、友達が来てもお泊まりを奨めることができるように。

掃除、料理、洗濯について。
掃除と洗濯はどちらもあまり苦にならないなので、使用人がやってくれても自分でやってもどうでも良いのだけれど、前述のように、家を買い足したいので、その場合、自分一人では手が回りかねるので使用人に任せたい。
料理は、自炊派ではないので、今でもしないので、大金持ちになっても自分ですることはないだろうけれど、料理をする使用人がいたら、来客時のもてなしができるので料理人歓迎。


公的生活
社会活動へ大きく関与をしたい。
具体的には、資金援助、たとえば、人権擁護に関する活動への寄付など。
また、奨学金ファンドを作りたい。


など、夢は膨らむ。



にほんブログ村 インテリアブログ シンプルモダンインテリアへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフ(部屋)へ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ


  1. 2018-01-13 00:00 |
  2. Minimalist
  3. | Trackbacks:0
  4. | Comments:2

公開します!私のバッグと中身



これがふだんわたしが持ち歩くバッグと中身。

魔法使いのシンプルライフのエリサさんの企画に参加するもの。
▶【募集】あなたのバッグの中身が見てみたい! : 魔法使いのシンプルライフ


My bag and its contents


基本的に何かを持って歩くのは好まない派で、かつてはプライベートな日常生活ではすべてをポケットに収納して手ぶらで外出していたのだが、携帯電話の大型化に伴いポケットには入りきらなくなり、小型のバッグを携帯するように。

中身は左から順に、
・ 携帯電話
・ ドライアイ用目薬
・ リップバーム(ポケットに入れているといつの間にかキャップが外れどろどろに)
・ ボールペン

それ以外の必要な品、現金、鍵、ID類はポケット収納なのでバッグの中身には該当せず。

バッグは父親がどこかからもらってきた景品らしい品。ソフトで厚手なナイロン製でクロスボディー(体に斜めにかける)スタイル。
サイズが iPhone 6sに丁度良く愛用品となっている。iPhoneの出し入れがスムースなように若干のゆとりが必要だが、大きすぎるのは邪魔なので良くない。その点、このバッグは完璧。
携帯電話の収納が目的であるため、バッグのサイズはこれ以上でも以下でもいけないのだが、これがなかなか無い。このバッグが壊れたら困ると思い、ことあるごとに後継バッグをチェックしているが今のところこれに勝るものには出会っていないので、大切に使いたい。


トラコミュ シンプルライフ
トラコミュ 少ないモノで暮らす
トラコミュ 持たない暮らし
トラコミュ The Minimalists



にほんブログ村 インテリアブログ シンプルモダンインテリアへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフ(部屋)へ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ


  1. 2017-01-30 00:00 |
  2. Minimalist
  3. | Trackbacks:0
  4. | Comments:2

ミニマリズムとオフィス



Office

わたしのオフィス。
モノ少な目なミニマリストのデスク。

最近の日本ではミニマリズムが流行っているらしい。ミニマリズムとはライフスタイルであり、流行ったり廃れたりというものではないと思っていたのだけれど、それはわたしの思い違いだったようだ。

わたし自身は1993年ごろからミニマリストとなったのだが、当時はそれでも様々な資料などは持たざるを得なかった。何故ならインターネットが今ほど発達しておらず情報は各自が集めて紙その他の媒体で保存していたから。
ところが今は、昔に比べて、物を持たない生活は実は容易いのではないかという見方ができる。例えば旅行に行くとなったら、昔だったら様々な紙の資料を取り寄せ、紙の地図を見てプランをたてて、となったところだが、現在なら、インターネットでたいていの情報は入手できる。GPSで地図と現在地も問題なくわかる。音楽や映画も同様。自宅で音楽や映画を楽しむためには、昔は物理的なメディアを所有して、それをプレイバックしたが、いまは、インターネットのストリーミングがあるので各個人がメディアを持つ必要が無い。1993年当時にわたしが夢見た世界になったのだ。

ああ、それなのに、巷にはモノが溢れ、いかにモノを捨てるかという方法を教える人が注目を浴びている。きれいに片付けるために新たに収納システムを買わせようとする店に人気が集まる。日本で “流行っている” 「ミニマリズム」とは実は新手の消費戦略なのではないかと懐疑的なわたしなのであった。

(注)
わたしは、収納アイテムや物の捨て方と整理整頓のテクニックを批判しているのではない。それはそれで何ら問題を感じるものではないが、しかし、それらとミニマリズムは違うものだなあ、と思っているという事なのだ。


トラコミュ モノトーンのインテリア
トラコミュ シンプルライフ
トラコミュ 少ないモノで暮らす
トラコミュ 持たない暮らし
トラコミュ The Minimalists


にほんブログ村 インテリアブログ シンプルモダンインテリアへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフ(部屋)へ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
  1. 2016-12-16 23:00 |
  2. Minimalist
  3. | Trackbacks:0
  4. | Comments:0

唇断食



巷では「肌断食」なるものが評判になっているらしい。

洗顔の際に用いるのはぬるま湯のみで、洗うときに石鹸類を使わず、洗顔後も保湿などのローション類は使わないというもの。
わたしは、もともと顔にあまりモノを塗る習慣が無くて、乾燥している冬に保湿ローションを使う程度。但し、石鹸を用いないので洗うというのは好みにあわないので肌断食は却下。

しかし、唇断食を試してみた。

それは、リップバームの使用を中止すること。

Mentholatum Lip balm

つい最近までは、リップバームは常に手元にあり、一日に何回も唇に塗るという生活をしていた。
外出の際はポケットに入れてたし、家ではPCデスクは勿論、ベッドの横のナイトテーブルや洗面所などアチコチに常備していた。

何かのアーティクルで、リップバーム(リップクリーム)を多用すると、かえって唇の皮膚に負担がかかり荒れたりする、といったようなことを読んだので、ちょっと使わないでみたところ、これが大変に具合が良い!

唇が全然かさつかないし、皮膚の感じも柔らかくてソフト。
まだ、初めて1ヵ月半くらいなので、これから冬に向いどうなるかは分からないけれど。

これで冬も乗り切れたら良いなあ。

リップバームは小さなものだけれど、それでも、持ち物がひとつでも減るというのは嬉しい。

尚、買い置きのリップバームは、手の指先に塗って消費予定。
指先の乾燥が著しいので、定期的に保湿・保油が必要で、怠るとササクレだらけになってしまう。


トラコミュ 持たない暮らし


にほんブログ村 インテリアブログ シンプルモダンインテリアへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフ(部屋)へ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

  1. 2015-10-11 00:00 |
  2. Minimalist
  3. | Trackbacks:0
  4. | Comments:6