ミッド・センチュリー・インテリアの家でシンプルな生活をしています。

シンプル・リビング - Less is more

新たに購入したハンガー



クローゼット内のハンガーは全て同じものに揃えたいと思っていたけれど、結局それはちょっと無理と分かった。

MAWAハンガーを導入したが、衣類の種類によっては「滑らないハンガー」はかえってストレスになり、かるく引っ張るだけでするりと取れるふつうの種類のハンガーで、MAWAハンガーと似た外観のものを探していた。

今回試しに少しだけ買ってみたのが、スチール製でクロームメッキのハンガー。

Chrome hangers

しっかりとしたスチール製でクローム・メッキが美しい。一個あたりの重量は105gr。

衣類をかけてパイプバーに下げてみたが、ハンガーはパイプバーに残したままで衣類のみがするりと取れて快適。
私の場合、ごく一部の衣類のみがMAWAハンガーが必要で、大多数の衣類は「ふつうの」滑るハンガーの方が好きなのだと分かった。

今回、試しに買ったのは38cm幅のものなので、シャツ類はOKだけれど、殆どの上着類には幅が狭すぎるため、別途42cm幅も追加購入予定。

MAWA ハンガーと並べるとこういう感じ。

hangers compa

クローゼットの中では、ハンガーには衣類がかけられることになるので、ハンガーのうち見える部分はパイプバーにかける部分のみなので、MAWAハンガーも、今回あらたに買ったスチールワイヤーハンガーもほとんど同じ。これで問題無い。





トラコミュ モノトーンのインテリア
トラコミュ シンプルライフ


にほんブログ村 インテリアブログ シンプルモダンインテリアへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフ(部屋)へ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

  1. 2015-12-05 19:00 |
  2. Storage
  3. | Trackbacks:0
  4. | Comments:2

衣類の断捨離に最適のタイミング



衣類は殆ど買わないのだけれど、母親が着なくなったものを引き受けてあげる事があり、気づくとクローゼットが少しきつめになってくる。
そこでたまに断捨離を実施する。

「全てを出して手に持ってみてときめくかどうか」を断捨離対象の判断とするというメソッドがあるらしいけれど、服や物に対する執着があまり無いので、何を手にとってみても、ときめくことなど無い。

わたしの方法は着てみて判断する。

jackets etc

前は良いと思ったけれど、今は好みが変わったので着たくない、とか、スポーツ用の衣料品は重複があったりとかが処分対象の候補となる。

衣類の処分仕分けに最適のタイミングはというと、オフ・シーズン。

例えば、今だと、夏物をチェックするのが良い。
なぜなら、秋・冬には全ての夏物は「もう着ない」段階になっているので、処分の決断がしやすい。
それが、冬物だと、「これがあったほうが寒い日に便利そう」とかなり判断が鈍る。

今回さよならしたのは、七分袖のジャケット。母からのお古だが、サイズ的にはOKだけれど、ごわごわした材質が好きじゃなく、それに、七分袖のジャケットはあまり着るチャンスが無い。

こうして地道に衣類を見直しては減らしているので、クローゼットがぎゅうぎゅうになることは無く快適。


トラコミュ シンプルライフ
トラコミュ 少ないモノで暮らす
トラコミュ 持たない暮らし


にほんブログ村 インテリアブログ シンプルモダンインテリアへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフ(部屋)へ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ


  1. 2015-10-29 10:00 |
  2. Storage
  3. | Trackbacks:0
  4. | Comments:6

ゼロCD計画



物を集める趣味は無い、と言うと友人に笑われる。
確かに持ち物は多くないほうだけれど、CD(音楽CD)や書籍の所有が多めだから。

CDs

これらは集めたのではなくて、欲しいものを買っていたら溜まってしまったにすぎない。

書籍は一年位前に大幅見直しをして半分以下に減らした。あと少し減らせそう。

いま取り掛かっているのはCDゼロ計画。
全てのCDをリップして(MP3 にして)、CD本体は手放し手持ちCDをゼロにするというもの。
2年くらい前から少しずつ整理をしていて、1,000枚あったCDが現在は250枚くらい。

最近はCDゼロ計画を改め、CD150枚計画とした。
というのも、MP3やAACのような電子的ファイルは何かの拍子に消滅したりダメージが発生したりするから。
よって、入手しにくい音楽についてはCDも残すことにした。
その目標が150枚。

150枚という数字の根拠は、無印良品のCDホルダーに格納することが前提。

ポリプロピレンCD・DVDホルダー・2段 40枚収納(80ポケット)

一冊につき40セットのCD及びその付属紙類が保管できる。
それを4冊。10枚は予備。

リッピング自体は概ね終了しているので、手放すCDをあと100枚を選ぶのみ。

CDs 2015


トラコミュ シンプルライフ
トラコミュ 少ないモノで暮らす
トラコミュ もっと心地いい暮らしがしたい!


にほんブログ村 インテリアブログ シンプルモダンインテリアへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフ(部屋)へ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

  1. 2015-10-15 10:00 |
  2. Storage
  3. | Trackbacks:0
  4. | Comments:3

ゲタバコの収納



我家の玄関ドアをを入るとすぐ右手にシューズ・イン・クローゼット("SIC")がある。
115cm×80cmくらいの小部屋。
奥行きもあるし腰位置くらいから天井まで棚もついていて、収納力はかなりある。

玄関に備えられている靴などを収納する場所はゲタバコと呼ばれていたとおもうけれど、いつの間にかシューズ・イン・クローゼットとかシューズ・クロークといった名前になったらしい。我家の場合も、買った物件の間取図にSICと記載されていたので名称を踏襲している。
実際のところ、わたしは下駄は所有していないし、そもそも、一体どれくらいの人がゲタバコに下駄をしまっているのかな、なんて思ってしまう。だから「ゲタバコ」が死語になりつつあるのもうなずける。

我家のSICは靴以外のもの(脚立、かさ、掃除機、鞄、認印、コンピュータの部品など)も収容していて、ゲタバコ的機能を持たせているのは、突き当たりにある棚の真ん中3段(写真)くらい。

SIC landscape 450px

一番下は来客用のスリッパ。その上の2段はしょっちゅう使う靴やサンダルを置いている。

靴の下には備長炭シートを敷いている。
白い棚板が靴底によって汚れるのを防ぐと同時に、湿気とにおいをコントロール。





靴の格納の仕方には大きく分けて2通りあると思うけれど、わたしは、つま先を奥にむけて両足を揃えて棚に置くスタイル。全ての履物類は奥を向いている。
踵が手前だと、靴の後ろ部分を持てるので靴が取り出しやすい。
つま先を手前にする人も多いようだけれど、靴を取り出すときはどこを持つのだろうかとちょっと不思議。



にほんブログ村 インテリアブログ シンプルモダンインテリアへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフ(部屋)へ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ



トラコミュ もっと心地いい暮らしがしたい!

  1. 2015-09-22 00:00 |
  2. Storage
  3. | Trackbacks:0
  4. | Comments:4

無印良品週間で買ったものでWIC収納を改良



無印良品週間に購入したものがどっと到着。

muji01.jpg

購入品内容は

muji02.jpg

右から
18-8ステンレスワイヤーバスケット W37×D26×H8 を1個、
18-8ステンレスワイヤーバスケット W37×D26×H12 を2個、
アクリル仕切板 W26× D17.5×H10
PP ファイルボックス・スレンダー W10×D32×H24
それと
綿天竺クッションスリッパ/ グレー・ボーダー柄


これで寝室のWICの収納を改善。

いきなり After

muji04.jpg

Beforeの写真撮影を失念してしまったが、それまではWICの棚には箱を積み重ねてあった。
それらの不揃いな箱を退治しただけでも大改善。

正面右側のPP抽斗は以前に購入したものでベッドリネンを収納。
上段抽斗はピロケース、下段抽斗はシーツ。
クローゼット棚サイズの制限もあり小さい抽斗なので収納力はあまり無いが、これは意図的。
これに入る以上は買わない。何故ならシーツの替えは1セット以上は要らないと思うから。


左側に並んだワイヤーバスケットが主に今回買った物。
見えにくいが奥に前に買った高さ18cmの同シリーズのバスケットがあり綿シャツ類が立ててある。
手前には、パンツ類のバスケット、スカーフ類のバスケット。

このシリーズは持ち手を内側にすることで重ねることが出来てとても便利。

美しいワイヤー・バスケットが入っただけでWICがただの収納場所から好みの場所に変身、ドアを開ける都度ハッピーな気持ちになれる。

クローム・カラーのワイヤーものを非常に好むのだということを再認識。
ダイニングで愛用しているベルトイア・チェアと通じるものがある。

わたしは、中に何が入っているか、目視できる収納が好き。
真っ白な容器に格納して中身を見えなくする収納も美しいけれど、狭い我が家では圧迫感が生じてしまう。
その点、ワイヤーだと少しは狭さが緩和されるように思う。

いわゆる見せる収納とは違うけれど、ワイヤーとか半透明の容器が好きなのだけれど、
ワイヤーや半透明の収納の特性として中身が見えてしまうことがある。
使う本人(わたし)にとっては便利なのだけれど、しかし、こうして写真を撮ってみると美しくない。

今回、写真撮影したことにより、わたしのクローゼットの最大の問題点がわかった。
それは、
クリーニング店から戻ってきたものをそのままクローゼットにしまうこと。


muji05.jpg


ワイヤーバスケットの中にはビニール袋に入ったままのスカーフやシャツ、
パイプハンガーにはジャケット類などがビニールのまま下がっている。
クリーニング店から戻ってきたままのジャケットやパンツ類は、ピンク色などのカラフルなハンガーにかかってくるのに、そのままパイプバーに下げるのだから、せっかく他のハンガーをMAWAハンガーなどでそれなりに統一していても、意味がない。これは今後の改善要。


なお、
アクリル仕切棚は、立ててブックシェルフの仕切に使おうという意図だったのだけれど、

muji03.jpg

これはイマイチ。

この仕切棚の使い道は現在模索中。


にほんブログ村 インテリアブログ シンプルモダンインテリアへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフ(部屋)へ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ



トラコミュ モノトーンのインテリア
トラコミュ シンプルライフ
トラコミュ もっと心地いい暮らしがしたい!
  1. 2015-05-07 00:00 |
  2. Storage
  3. | Trackbacks:0
  4. | Comments:1