ミッド・センチュリー・インテリアの家でシンプルな生活をしています。

シンプル・リビング - Less is more

羽毛枕の復活方法



最近、枕を買い換えた。

長年にわたりダウン枕(羽毛枕)を愛用している。数年経過したところで、それなりの手当が必要。すなわち、ダウン専用の洗濯をするか、うちなおしをするか、あるいは買い換えるか。今回は買い替えとした。

今回買った枕は、やや圧縮気味の梱包で届いた。袋から出して上下左右からたたきぱふぱふさせてもふんわり感がイマイチ。そこで、同梱されていた取扱説明書を読んでみたら、復活力が不足の場合、タンブラー乾燥機に1サイクルほどかけると良い、とある。

早速実施。


IMG_6426-450600.jpg


30分ほど回転させる。

さて、どうなっているかな。


IMG_6427-450600.jpg


洗濯機の中の枕はすでに入れた時より膨らんでいる。


出して、寝て見たらすっかりふんわり弾力が復活していた。


ちょっとしたライフハック♪


にほんブログ村 インテリアブログ シンプルモダンインテリアへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフ(部屋)へ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
  1. 2019-08-03 00:00 |
  2. Life hacks
  3. | Trackbacks:0
  4. | Comments:4

木製家具についた粘着テープ跡を除去する



我が家の寝室にはヴィンテージな木製家具がある。

楢材(たぶん)のチェストで、かつて母親が買ったものを引き継いで使っている。
いまや年代物となったので、あちこちにすり傷や欠けななどあり、数年前に実家から我が家に移管して以降修復作業を施してきた品。

最近、レイアウトを変えて、いままで壁側だったので状態の見えなかったチェストの左側が白日のものとに晒されるような置き方となった。すると、父親の悪事のあとがかなり気になる・・・

父親は、普通に会社で働いていた普通の大人だったけれど、どういうわけか壁やら家具やらにテープやスティッカーを貼るという悪い習慣があった。
まるで幼稚園児である。

このチェストもテープの跡やらスティッカーの跡やらがベタベタ。

そこで、目立つ場所から、少しずつキレイにすることにした。


<< before >>


before


テープ、それに少し剥がした後のベタベタなどかなりのもの。

指が痛くなるので作業は少しずつ。


使用したもの
 ・ ハンドクリーム
 ・ スコッチテープ
 ・ ティシュー・ペーパー
 ・ 木製家具・床のクリーナー


手順
(1) 患部にハンドクリームを塗り30分放置する。
(2) ティシューでこすりとる。驚くほどするりとベタベタが取れる。
(3) ティシューで取りきれずに木の表面にのこったベタベタの残骸は、スコッチテープやセロファンテープで取る。
(4) そのあと、水で湿らせたたティシューでクリーム成分を拭き取り、さらに、乾いたティシューで水分を拭き取る。
(5) 仕上げに、木製の家具や床用のクリーナーで拭く。


<< after >>


after


テープ跡はきれいに消滅。
手で触ってみてもベタベタ感はない。

指や手首をけっこう使う作業なので1日1箇所として少しずつ修復する。
(わたしは慢性的腱鞘炎なので手首や指を使う作業は集中しては行わないようにしている)

徐々に家具が綺麗になって行き、ある日すっかり蘇るというプロセスはとても楽しい。



にほんブログ村 インテリアブログ シンプルモダンインテリアへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフ(部屋)へ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ





  1. 2018-10-24 20:00 |
  2. Life hacks
  3. | Trackbacks:0
  4. | Comments:0

ポンプ式ボトルの中身を最後まで使う方法



ポンプ式ボトルはとても便利で使いやすいけれど、最後の10%くらいになると、ポンプを押すだけでは中身が出てこないというストレスフルな問題がある。

シャンプーの様なさらさら液体系ならトップを外してボトルを逆さにして注ぎ出して使うことが出来るが、ハンドローション乳液タイプなどだと簡単には出てこない。フタをしたまま思いっきり下に向けて振り、残りを蓋近くに寄せるとかして何とか中身を出そうとするのではないだろうか。

付け替えキャップなど色々な製品も売られているようだけれど、わたしの方法は、何も新たに買わずに、且つ、これといった手間もかからず、ボトルの残りを容易く使い切るというもの。

======
用意するもの
======

必要なのは蓋が開閉できる広口容器。

わたしが愛用しているのは、クリームの入っていた容器。
何のクリームが入っていたか忘れてしまったけれど直系 6cm、高さ 4.5cmの容器。

Prep - Emp[ty cream container preferably white

ラベルは一所懸命はがしたので真っ白な容器。
100円ショップなどで新品の白い容器も売っていそう。

=======
移しかえの方法
=======

減ってきたボトルのヘッド(ポンプ部分)を取り、上記のクリーム容器の蓋をとりそこに立てる。
倒れると惨事になるので、壁などに立てかけるとよい。

Transferring the rest of lotion

あとは引力にお任せ。

内容物の粘度により所要時間は異なる。
わたしの使っている乳液はかなりどろっとしているので、逆にしても出てくるのには時間がかかる。
逆さにして立てかけたまま放置。
数時間たったらちょっと向きを変えると、新たな容器の中に均等に乳液が溜まっていく。

voila! After

大体一晩放置で、ボトルの中身がクリーム入れにすっかり移った!

あとは新しい容器の蓋をして、普通に使う。

Prep - Empty cream container preferably white

ポンプ・ボトルはすぐに捨てられるし、蓋付きのふつうの容器から普通に乳液を使える。
何も特別な道具がいらないという点が気に入っている。


にほんブログ村 インテリアブログ シンプルモダンインテリアへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフ(部屋)へ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ



トラコミュ シンプルライフ
トラコミュ もっと心地いい暮らしがしたい!





  1. 2015-09-30 00:00 |
  2. Life hacks
  3. | Trackbacks:0
  4. | Comments:2

衣類についた香料を除去



Banking Soda

衣類についた意図しないにおいの処理をしなければならないことがある。

特に除去に困難を伴うのが、洗濯中に付いた洗濯用洗剤やファブリック・ソフトナーの香料。
洗濯機の中で水と一緒に攪拌されるので香料がしっかり繊維の隅々まで染み渡ってしまう。
これらは、一般的には「良いにおい」なのだろうけれど、無香料が好みのわたしには、香料つきの衣類は耐え難い。

2月のプエルト・リコ旅行の際に、滞在先のお宅で洗濯機を使わせてもらう機会があり、だいぶ汚れた衣類が溜まっていたので喜んで洗濯し、乾燥機から出して即座に畳んで鞄にしまった。

が・・・

帰宅してアンパックしたところ、強烈なにおいが炸裂!
当該宅で用いられていた洗濯用洗剤は香料付きで、それがかなり強烈だったのだ。
全て洗い直し、コットン系は問題なく臭いがとれたが、化学系繊維は3回洗っても、日光に2日さらしても、全くダメ。これは捨てるよりないかなあと思いつつ、それでも、グーグルに訊いたら、ベーキングソーダ(重曹)が良いとのこと。

>> まずは簡易方法を試す。
ビニール袋に該当衣料とベーキングソーダを入れてシェイクする。暫くして取り出して洗う。
 → まあまあ効果があるが、まだ完全にはにおいが取れない。

>> 次につけおき方法。

適当な容器にお湯を入れてベーキングソーダ1カップを溶かす。そこに該当衣類を入れて一晩浸けおく。そのあと普通に洗う。洗った後は日光に干す。
 → つけおき6時間ぐらいで取り出して手洗いで濯いでみた。臭いは着用可能なレベルまでになっている。
 → 次に洗濯機で普通のサイクルにて洗う。 日光に干すのが奨励されていたが、洗ったのが雪の日だったので乾燥機で乾かした。においは殆ど気にならないレベルにまでなった。大成功! (このあと日光に干せば無臭になりそう!)

Viva Baking Soda!

この方法はオススメです。ただし、色物の種類によっては色落ちしたりすることもあるらしいので要注意。

ベーキングソーダは、消臭以外にも、掃除、洗濯、それに、もちろん、ベーキングにも使えるというマルチな物なので大袋を買うのも合理的。
6.12kg入りが1400円くらいで提供されている。

 Arm and Hammer Baking Soda


にほんブログ村 インテリアブログ シンプルモダンインテリアへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフ(部屋)へ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ  ブログランキング・にほんブログ村へ


トラコミュ シンプルライフ
  1. 2015-03-04 10:00 |
  2. Life hacks
  3. | Trackbacks:0
  4. | Comments:3

椅子に靴下を履かせた理由 (チェア・ソックス)



ダイニングチェアの脚の底にはフェルト材のパッドをつけている。
目的は、すべりを良くすること、それから、勿論、床の保護。

我家のダイニングチェアはBoConceptの Zorro Chair。

BoConcept Zoro Chair

この椅子は背もたれ、座面、脚まで全てが黒いレザーで覆われたスタイリッシュなもので気に入っているのだけれど、問題は脚の下。床保護のパッドは BoConceptがつけくれていたが、この手のパッドの例にたがわず、すぐにパッドがとれてしまう。特に、Zorro Chair は脚がかなり細く、つまり、接着面が小さいのでパッドの取れやすさも格別。

Chair socks - reason why


自分では椅子に座るときは床との接点に注意を払っているが、来客の都度、友人・知人に「椅子を引くときは全体を持ち上げて」などと小うるさく言うのは好まない。
ある日、遊びに来た友人が帰った後、早速、悲しい深い傷がしっかり椅子の下の床につけられていた。



これではならじと、取れにくい椅子足パッドを探した。すっぽり覆う方式のものがいくつかあったが、サイズ的にあわない。これなら良いかもしれない、というものもあったが、理不尽な価格設定に購入意欲が萎えた。

そこで、自分で開発することにした。手持ちの材料を用いるので材料費はゼロ。


作り方

必要なのは手袋、それに丈夫な糸または細い紐。

もう使わない手袋を用意する。
椅子が黒なので、黒い手袋が好ましい。持ち物の殆どは黒なので選出は容易い。比較的丈夫そうな材質を選ぶ。

1hair socks 1

指の付け根の部分から指の部分を切りはなす。

Chair socks 3

使うのは指の部分。
5つの チェア・ソックスが出来た。椅子のサイズによっては小指は細すぎるかも。

Chair socks 3

椅子の足にひとつずつソックスを履かしていく。

Chair socks

パッドの位置を正して、ぴっちりとソックスを履かせ、上から2cmくらいの部分をゴムか糸か紐で結わく。
上の部分は折り返して更にゴムか糸か紐で結わく。

これで椅子足パッドがずれることはなくなった!!

Chair socks


ルックスも気になる点は無いと思う。
床の上に椅子の動きも軽やかになり大成功!


にほんブログ村 インテリアブログ シンプルモダンインテリアへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフ(部屋)へ


トラコミュ ビフォー・アフター
トラコミュ 少ないモノで暮らす
トラコミュ シンプルライフ

  1. 2014-11-07 11:07 |
  2. Life hacks
  3. | Trackbacks:0
  4. | Comments:1