ミッド・センチュリー・インテリアの家でシンプルな生活をしています。

シンプル・リビング - Less is more

虫除けパネル利用を実験した結果



我が家は樹木の豊富な緑地に面したロケーションなので、それなりのワイルドライフ(虫など)との出逢いがある。

ただし、12階という高さがあるので、1階や2階に比べれば虫は少ない。

それでも、ベランダのドアを開けていると招かざる生き物の訪問があることは少なくない。

そこで虫除け対策を施すことに。

電源も火も不要、匂いもなく、吊るすだけで虫よけになる製品がいくつかの会社から出ている。薬剤を染み込ませたパネルがプラスティックの薄型ケースに格納されている。

今回、バルコニーへのドアの横にひとつ導入してみた。

我が家のバルコニー・ドアは、最も心地よい風が入る方位に開口している。ところが、ドアには網戸がなく、ドアを開けて風を取り入れると虫も入って来てしまうのだ。そこで、虫よけ対策として本製品を試すもの。


vapona.jpg


選んだ製品は、アース製薬株式会社の「バポナ 玄関用 虫よけネットW」。

茶色のケースがバルコニーに吊るしていちばんめだたないというのがこの製品を選択した理由。

使用薬剤は、トランスフルトリン、エムペントリン(ピレスロイド系)。



効果のほどはというと・・・


吊るした翌朝、バルコニーへのドアを開けた。

1分もしないうちに、蜂が入ってきてびっくり!
多分ミツバチ。


このアパートに住むようになって2年と1ヶ月経つが、ハチが入ってきたのは初めて。別の窓を開けて、カタログを丸めて風を起こしてハチを誘導。2.5メートルほど離れた窓から無事に出て行ってくれた。

翌日、起床して空気入れ替えのためバルコニーのドアを開けた。すると再び蜂が入ってきたではないか!やることはわかっている。2.5メートル離れた窓を全開にして蜂を追い出した。

2年間一回もなかったことが、2日連続して起きるというのは、偶然とは言い難い。薬剤には蜂を呼び寄せる成分が入っているのだろうとしか思えない。



商品説明書には、適用応する虫の種類について記載がある。

適用害虫: ユスリカ(群れで飛び回る薄茶色の小さな虫。蚊柱になるが蚊ではない)
非適用害虫: 蚊、コバエ

つまり、虫よけといっても、対応するのはユスリカだけ。一方で、蜂を誘き寄せててしまう可能性については言及されていない。



その後・・・

約1ヶ月間、バルコニーに下げていた。

今まで入ってきたことのない大きな蚊とかセミとかが来訪するので、明らかに、特定の虫を誘致する成分があると思われる。

我が家には向かないと判断して、約1ヶ月後に撤去、廃棄した。

無駄だったかというと、わたし的にはそうでもない。

この手の虫除けがどんなものなのかという実験ができて満足。



にほんブログ村 インテリアブログ シンプルモダンインテリアへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフ(部屋)へ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
  1. 2019-08-22 20:00 |
  2. Interior 2.0 - バルコニー
  3. | Trackbacks:0
  4. | Comments:0

システム・クローゼットの改善



ホールの突き当たりにあるクローゼットは、奥行290mm、幅730mmで床から天井までとそこそこの収納量があるが、有効活用がされていない。

ストック類やスペア・アイテムを収納しており、日常頻繁に開ける場所でないこともオーガナイズが後回しになる理由のひとつ。

いままでの収納でも著しい不便は感じていなかったがデッドスペースが多く、また、使い勝手も改善の余地があることは事実だったので手を加えた。


<< before >>

System Closet -before-

<< after >>

System Closet -after-


ベースラインである「ざっくり収納」は変わらず。

大きな変更は2点。



1. 抽斗型収納ボックスの導入。


IMG_6654-500.jpg

浴室で使うツールやパーツ類は、意外に種類が多い。シャワーカーテンのリングのスペアとか、排水口のヘアーキャッチャーのスペアとか。

散歩がてらNITORIに行き収納用のボックスをみる。パントリーの整理用に前に買って愛用している "NIN Box" を買うつもりだったが、モデルチェンジしてしまい、持つところがシャープになり手を切りそうであまり好みでなくなった。売り場を見ていたら軽量安価な引き出しを発見。計測したら、我が家のシステム・クローゼットにぴったり。

新たに導入したのは、NITORIのクローゼット用収納引き出し。
ポスデコ(pos'deco)というシリーズでA5タイプの深型(引き出し2段)と浅方(引き出し3段)を組み合わせた。
軽量で安価(ひとつ925円+Tax=999円)で良い。

半透明で中に何が入っているか見えるのが好み。


2. 棚板を追加


このクローゼットでデッドスペースが多かった理由のひとつは、棚板が棚板が少なめだったこと。そこで、棚板を3枚の増設してクローゼットのストラクチャーの改良。


既存の棚板のサイズを計測して、同じサイズの板をカスタム・オーダー。


厚みは、既存のものは18mmだったが、新しいのは15mmとした。理由は、15mmのものがセールで半額くらいだったから。重いものを乗せる計画はないので、15mmで十分。


板は、DIY木材センターへオーダー。

shelf-500375.jpg


差込みダボは東急ハンズで購入。


IMG_6488-500.jpg


写真の上の棚が新しい棚板、下が既存の板。


IMG_6603-500375.jpg


高いところに棚板を増設するので、脚立が必須。


Closet and Step Ladder


夫々の場所に品物を格納。

一番上の脚立がないと届かない場所は、ほとんど使わず、また、極めて軽量なもので、もし落下してもなんのダメージの原因にならないアイテムを収納。

2段目から5段目は、バスケットを用いて、わたし独自のカテゴリー分類としたざっくり収納。

床関係、壁関係、ケーブル関係、電球関係、テープ関係、といった分けかた。

一番下は、スペアのカメラ類、スペアのルータなど比較的重量のあるもの。棚のサイズの関係で左端には大きな封筒も。

なお、扉には簡易ロックを取り付け済み


この収納はファイナルではなく、小さな一歩。

これから、不要物を選別したり、レイアウトを検討したり、使いやすさを考慮して大きく進化させる予定。



にほんブログ村 インテリアブログ シンプルモダンインテリアへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフ(部屋)へ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
  1. 2019-08-15 00:00 |
  2. Storage
  3. | Trackbacks:0
  4. | Comments:2

クローゼット・ドアに簡易ロックをつけてみた



ホールの突き当たりにあるシステム・クローゼットの扉に簡易ロックをつけてみた。


IMG_6739-450.jpg

目的は防災。

この扉は耐震ラッチがついておらず、地震で大きな揺れが来た際に開いてしまう可能性があり、そのときは、内容物がばらばらと床に溢れることもあるだろう。ホールの床は大理石なので硬いものが落下した時は床へのダメージ(割れる)が起きやすい。

そのリスク回避のためのロック。


IMG_6740-450.jpg


このクローゼットはストック品類を収納しているので、1日に何回も開けるという性質ではないので、ロックしても特に面倒ということもない。

2つのSフックがゆるーく絡んでいるだけなので、手による「アンロック」はたやすい。


IMG_6741-450.jpg



使ったのは、「ティディ(Tidy) Sフック フレキシブルに曲がる はずれにくいS字フック OT-666-300-7」。

Sのカーブの片方は開口部分が小さい(写真ではハンドルにひっかてある方)ので外れにくいが、フレキシブルなので使いやすい。 そして、全体をゴムで包んであるので、クローゼット扉や取っ手に傷をつける心配はない。






「これを取り付けておいてよかった」と思う日が来ないで済みますように。



にほんブログ村 インテリアブログ シンプルモダンインテリアへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフ(部屋)へ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
  1. 2019-08-13 00:00 |
  2. Storage
  3. | Trackbacks:0
  4. | Comments:0

キノコが生えた



funghi


毎朝、バルコニーに3つある鉢の植物に声をかける。


今朝は、イチョウの木の鉢にキノコが生えているのを発見!
それも今までみたこともないキノコ。何しろモノトーンで放射状の柄。

いろいろと調べたが、種類や名前をつきとめることはできなかった。

キノコは予想通り、夕方には全て消滅していた。
実家の庭によく生えたベージュのキノコも寿命は1日だったから何も驚かない。


キノコが生える原因としては湿度の高い環境がある。
最近、イチョウの木の植え替えを行ったので、たっぷりの水やりをしていたのが原因かもしれない。
あるいは、大きいポットに植え替えたので土を足したのだが、その買って来た土に胞子が混じっていたのかも??



にほんブログ村 インテリアブログ シンプルモダンインテリアへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフ(部屋)へ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ




  1. 2019-08-09 21:00 |
  2. Interior 2.0 - バルコニー
  3. | Trackbacks:0
  4. | Comments:2

羽毛枕の復活方法



最近、枕を買い換えた。

長年にわたりダウン枕(羽毛枕)を愛用している。数年経過したところで、それなりの手当が必要。すなわち、ダウン専用の洗濯をするか、うちなおしをするか、あるいは買い換えるか。今回は買い替えとした。

今回買った枕は、やや圧縮気味の梱包で届いた。袋から出して上下左右からたたきぱふぱふさせてもふんわり感がイマイチ。そこで、同梱されていた取扱説明書を読んでみたら、復活力が不足の場合、タンブラー乾燥機に1サイクルほどかけると良い、とある。

早速実施。


IMG_6426-450600.jpg


30分ほど回転させる。

さて、どうなっているかな。


IMG_6427-450600.jpg


洗濯機の中の枕はすでに入れた時より膨らんでいる。


出して、寝て見たらすっかりふんわり弾力が復活していた。


ちょっとしたライフハック♪


にほんブログ村 インテリアブログ シンプルモダンインテリアへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフ(部屋)へ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
  1. 2019-08-03 00:00 |
  2. Life hacks
  3. | Trackbacks:0
  4. | Comments:4