ミッド・センチュリー・インテリアの家でシンプルな生活をしています。

シンプル・リビング - Less is more

映画「ファースト・マン」



映画 『ファースト・マン』 鑑賞。


firstman-poster-450-J.jpg



伝説的なアメリカ人宇宙飛行士ニール・アームストロングの1961年から1969年までの人生に関する伝記映画。

ニール・アームストロングの目で見た8年間と月面着陸という構成で、宇宙ロケットが出て来る映画としてはアクションより人間ドラマ主体。ニール・アームストロングといえば、常に日の当たる道を歩いてきた何の失敗も悩みもないエリート中のエリート、というイメージだが、実際は、仕事の失敗もあったし、家族内の悩みもあるという普通の(?)人間の一面があり、栄光だけではないことがわかる。

米ソ冷戦のさなか宇宙開発競争に勝つために人類を月に送るという計画を立てた米国だったが、莫大な費用のかかる宇宙開発には国民や議会では反対意見の声も大きかった。しかし、1969年7月20日、アポロ11号が月面着陸をなしとげ、アームストロングがFirst Manとして月に一歩を記したことは世界中が賞賛したのだった。

LA LA LAND の Ryan Gosling と Damien Chazelle(2017年Oscar Best Director受賞)が再びタッグを組んだ2018年米国作品。


Click here for 映画のリビュー



子供の頃に「大人になったらなりたいものは」と聞かれたら、「宇宙飛行士」と答えていたわたしにとり、アポロ計画は深い関心があるものだが、実は、個人的な馴染みもあるのだ。



これは我が家のLD。


IMG_4960-450600.jpg


我が家のLDの壁にかけてある写真は、月面に立つ宇宙飛行士。
2017年に引越しった時からここにあるので、月面と宇宙飛行士は毎日目にしているのだ。


IMG_8952-300400_2019021515192375e.jpg


この宇宙飛行士はニール・アームストロングではなくて、アポロ11号のクルーであるバズ・アルドリン。撮影しているニール・アームストロングはバズのヘルメットのバイザーに写り込んでいる。

だから、「日常」が映画になったみたいな、そんな馴染みがあったりなのであった。

なお、この映画はインテリア的にも楽しめた。
1961年からの8年間が舞台なので、リアルタイムなミッドセンチュリー家具だらけで目の保養になった。





にほんブログ村 インテリアブログ シンプルモダンインテリアへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフ(部屋)へ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ



  1. 2019-02-15 19:00 |
  2. Interior 2.0 - リビング
  3. | Trackbacks:0
  4. | Comments:2

お家カフェテリア



ふと思い立って自宅での食事をカフェテリア風にしてみた。

cafeteria tray

朝食はお家カフェテリア!
新たに購入したカフェテリア・トレイに、コーヒー、それに、バナナのスライスを入れたヨーグルトを乗せてキッチンからダイニング・テーブルに運ぶ。

トレイに乗せたままの状態で食事とするのがカフェテリア風。

気分が変わって楽しい朝になった。



新たに購入が必要となった、カフェテリア・トレイ。

条件:
材質: プラスティック製。
形体: トレイの端の立ち上がりは低め。トレイの底(裏側)は突起が無く平らであること。
色彩: 白かグレイの無地が好ましいが、ない場合は柄付きでモノトーンを探す。
サイズ: 39cm幅。

結果:
無地が欲しかったが、なかなか見つからず、結局ブロックチェックで妥協。
色はネイビーとのことだが、とても濃いネイビーなので、パッと見た感じは黒のチェックなので、我が家のダイニングのカラースキームでも違和感なし。。






にほんブログ村 インテリアブログ シンプルモダンインテリアへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフ(部屋)へ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
  1. 2019-02-06 14:00 |
  2. Interior 2.0 - ダイニング
  3. | Trackbacks:0
  4. | Comments:0

スキージー(2)



たかがスキージー、されどスキージー。選び方と使いかたで日々の生活が大きく変わる!

まずは、キッチンのスキージー(スクイージー)をアップグレードした。
 関連記事: 生活のレベルを上げた話:スキージー(その1)


そして、別の部屋用に、もう一点導入。

oxo squeegee front


それは浴室用。


oxo squeegee back


パッケージ裏面。

サクションカップ付き。


浴室では何年も前から(株)テラモトの「tidy」ブランドの「スキージー」を愛用している。シャワーの後、壁とバスタブの水切りをする。

teramoto squeegee


なんと2014年の11月に購入したものを現在も愛用している。
全く劣化することもなくて優秀。
  関連記事: 浴室改良(2) スキージー

今回、新たにOXOのものを買った理由はサイズ。

これはミニサイズなのだ。


今度の家のバスタブは、どういうわけか短辺に凹みとなっている場所が1箇所ある。


oxo squeegee at bath tub dent


この部分は汚れが溜まりやすく、また、水切りが通常サイズのスキージーではうまくいかないが、ミニサイズだとこのようにフィットする。

もちろん壁などの面積の広い部分は以前から愛用しているフルサイズのものが便利なので現役継続。

bathroon squeegees

よって、浴室のスキージーはフルサイズ&ミニの2つを使うことになった。


OXOのミニはサクションカップ付きなので、このように浴室壁面に下げる収納とした。



suction cup


ブレードの材質は「tidy」の製品にはかなわない(個人の好み)。


これで、シャワーのあとのクイック水切りがとても容易くなり満足。






にほんブログ村 インテリアブログ シンプルモダンインテリアへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフ(部屋)へ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ



  1. 2019-01-29 18:00 |
  2. Cleaning
  3. | Trackbacks:0
  4. | Comments:0

生活のレベルを上げた話:スキージー(その1)



生活のレベルを少し上げた。

それは、今まで使っていたスキージー(水切りワイパー)の交換。


sqeegees

向かって左は前の家で窓掃除用に100円ショップで購入したスキージー(Squeegee)。

今の家での窓掃除には向かなかったが、キッチンシンクの水切りに使っていた。キッチンを使った後シンクをぬれたままにしておくと水のシミがつくので、以前は都度ペーパータオルで拭き取っていた。しかし、ふと思いついてまずスキージーで水切りをするとほとんどの水分はなくなり少ない労力と資源(ペーパータオル)でキッチンシンクを美しく保てることが分かった。

この100円ショップのスキージーはブレードのゴムが硬化してしまっているのか、あまり使い良くないので、買い換えるついでに少しアップグレードしてみることにした。

買ったのは、向かって右の白いもの。

白一色で見た目も良い。ブレードは100円ショップのものより弾力があり使いやすい。


kitchen sink and sqeezee


このように、キッチンのステンレス・シンクの水切りをする。
ほとんどの水分が除去されて水跡が残らず快適。



買ったのは、この商品。参考リンク。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【山崎産業】SATTO ウォータースクイジー 水切りワイパー
価格:303円(税込、送料別) (2019/1/27時点)





わたしはAmazonにて2個組で800円位(送料無料)というものを買ったので、単価400円。

それで、こんなに快適な生活になるなんて。



にほんブログ村 インテリアブログ シンプルモダンインテリアへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフ(部屋)へ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ





  1. 2019-01-27 21:00 |
  2. Cleaning
  3. | Trackbacks:0
  4. | Comments:0

ソファのメインテナンス



ソファのメインテナンスを実施。

LD birdview


我が家のソファは、カッシーナ社のマラルンガ 2PW(2人がけワイド)。
取り外し式の座面クッション2つを椅子本体に置く仕組みで、ヴィコ・マジストレッティが日本の座布団にヒントを得てデザインしたもの。この座面クッションを外して掃除機をかけ、クッションを戻す。


sofa seat rotation


戻す際には2つある座面クッションのローテーションも行う。
座面クッションの左右を入れ替えて配置。
この作業は約3ヶ月に一回程度行う。


1〜2週間に一回行うのがソファの背もたれのメインテナンス。


maralunga highback

マラルンガは、背もたれの角度を自由に無段階で変えることができるのが特徴のデザインだが、普段、一定の角度でつかっていても、メカニズムが潤滑に動くために週一くらいで動かす必要がある。
我が家の場合、背もたれは、普段は折りたたんだポジションで使用しているが、両手で背もたれを持ち上げてから両手で戻す。ハイバックで使うことも可能だが、ローバックが好みなので普段は折りたたんだ形で使っている。


出来上がり。


maralunga all set

向かって右のチェアとの色彩配分を主目的としてグレーの背もたれクッションを置く。


メインテナンスの所要時間だが、背もたれメインテナンスは2分程度、座面クッションのローテーションは、全部で15分もかからない。
ローテーションを行うことでソファのもちがぐっと長くなるのだ。


ひと手間をかけてきちんとメインテナンスすることで長持ちするのは家具に限らず機器類も人間もおなじ。


にほんブログ村 インテリアブログ シンプルモダンインテリアへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフ(部屋)へ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

  1. 2019-01-24 10:00 |
  2. Interior 2.0 - リビング
  3. | Trackbacks:0
  4. | Comments:0